近江肉牛協会協会紹介

MESSAGEメッセージ

近江肉牛協会会長 三日月 大造(滋賀県知事)

近江牛は、日本三大和牛にその名を連ねるなど、全国的にも高い知名度を 誇る歴史と伝統のある銘柄牛です。
県内はもとより全国の皆様にご賞味いただいております近江牛は、滋賀の 豊かな自然環境と水、そして農家の方の牛への惜しみない愛情によって育ま れています。
私たちは、今後も安全・安心でおいしい近江牛づくりに取り組み、国内の みならず海外に近江牛の魅力を発信できるよう努めてまいります。
皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。


近江肉牛協会名誉会長   三日月 大造(滋賀県知事)

近江肉牛協会会長 正田 忠一

当協会は、近江牛の振興発展に寄与することを目的に、昭和26年(1951年)5月に設立され、東京食肉市場には、年間400頭余の近江肉牛が出荷されています。
近江牛は、東京会員と地元会員、そして指導機関、支援団体等が一体となって守り育ててきました。
私達はこれからも、近江牛に対する貴重な足跡や歴史の重みを回顧しつつも、TPP等の自由貿易体制や食の安全・安心対策など新たな課題を克服し、良き伝統で育まれた消費者との信頼関係を将来にわたり継承してまいります。
皆様の御支援をお願い申し上げます。

近江肉牛協会会長      正田 忠一

協会紹介近江肉牛協会について

写真

◆近江肉牛協会規約◆
第1条 本会は近江肉牛協会と称し、事務局を近江八幡市長光寺町滋賀食肉センター内に、東京事務所を東京都港区港南二丁目7-19東京食肉市場株式会社内に置く。
第2条 本会は、会員相互の連絡協調を図り、近江肉牛の振興発展に寄与することを目的とする。
第3条 本会でいう近江肉牛(または近江牛)とは、滋賀県内で最も長く飼育された黒毛和種で、格付審査結果(社団法人日本食肉格付協会が実施する牛枝肉取引規格)が「A4」、「B4」以上のものをいう。
第4条 本会は、第2条の目的達成のため、次の事業を行う。
(1) 県の近江肉牛振興対策に対する積極的な協力
(2) 近江肉牛および牛肉の消費宣伝、販路拡張
(3) 会員相互の連絡協調
(4) 近江肉牛の肥育の研究ならびに調査
(5) その他本会の目的達成に必要な事業

近江肉牛協会発行証類



Copyright© 近江肉牛協会. All Rights Reserved.